2007年09月25日

MMORPGとの違い

MMORPGとセカンドライフは似たようなものとの解釈をされがちですが、実際どのような違いがあるのでしょうか。

MMORPGはネット上で仮想世界を他のユーザーと共有しそれぞれコミュニケーションを図るという面においてセカンドライフともよく似ています。

ですが、大きな違いがあるのです。

他のオンラインゲームでは、例えば、キャラクターが敵を倒したりアイテムを購入したりするなど冒険をしていくシナリオがあります。

最後にはボスキャラが出てきて倒すとエンディングといった具合にです。

セカンドライフの特徴はその目的やゴールというものはユーザー一人ひとりによって大きく異なるということです。

つまりセカンドライフの目的は利用者の自由。

セカンドライフ内で何をしたいのかをそれぞれ自由に決める事が出来るのです。

セカンドライフ内でお金持ちになるのもいいですし、単にオンライン上でのコミュニケーションを楽しむだけでも良いのです。

セカンドライフの特色の一つにあげられますのは、セカンドライフ内にあるオブジェクトの建物や、商品は利用者によってそれぞれが作り上げられている世界ということです。

つまり現実の世界とそっくりなのです。

MMORPGでは利用者がそのゲームの中にある決められた世界で、既に考えられたアイテムなどを使いストーリーが組み立てられていきますが、セカンドライフでは自分自身が自由に創造活動をする事ができるのです。

この点もMMORPGとセカンドライフとの大きな違いと言えそうです。
posted by セカンドライフ at 09:00| Comment(189) | TrackBack(21) | セカンドライフあれこれ

2007年09月04日

セカンドライフで土地を購入する方法は?

セカンドライフ内にはメインランドとプライベートSIMという2種類の土地が存在しています。

セカンドライフ内では冒険をする事は自由なのですが、ビジネスを展開させたりするには、建物を建てたりするほか、ビジネスの拠点とさせる土地を持つ必要が出てきます。

では、どのように土地を購入するのでしょう。

いまから、それを解説します。

メインランドがある場所はMAP中央にあります。

この土地はリンデン社が複数の島を管理しています。

土地を購入するためにはプレミアムアカウントに申し込む必要があります。

プレミアムアカウントに申し込みますと、メインランドの土地所有権が手に入ります。

この土地所有権が手に入ると、リンデン社が所有または管理している土地を購入する事ができます。

ここで注意点があります。

土地を購入した場合は、土地の大きさによって異なりますが、毎月土地使用料が発生します。

セカンドライフでは土地の売買するのにお金を払う。

これは知っておいて下さい。

支払方法ですが現金が現在のセカンドライフにおいては主流となっています。

またセカンドライフ内のメインランドの周辺に個人が所有している土地があるのですが、プライベートSIMと呼ばれています。

セカンドライフの住人がリンデン社から購入した土地を販売したりレンタルしたりしている土地です。

その土地を購入するに土地の所有者に支払う必要があります。
posted by セカンドライフ at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | セカンドライフあれこれ

セカンドライフの楽しみ方の基礎を学ぶ

セカンドライフの歩き方という本があります。

セカンドライフをはじめたいけど、いったい何からはじめたらわからない。。

そんな方のためにセカンドライフの楽しみ方を紹介しているボリュームのある本です。

はオンラインのコミュニケーション空間セカンドライフを知り、体験するための本格的なガイドブックとなっています。

基本的な操作方法や用語、世界のしくみなど、初心者にもわかりやすく解説されている本です。


セカンドライフの歩き方
posted by セカンドライフ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | セカンドライフの歩き方

2007年09月03日

仮想世界で土地が買える

セカンドライフとは、最近テレビや雑誌などでも特集が組まれているほど注目されている仮想世界のことです。

なぜ、セカンドライフ(第2の人生)というような名称なのか。

現実の世界を第一の人生とするならば、実際には存在しない仮想世界、それこそがセカンドライフという考え方なのです。

セカンドライフを第二の世界として楽しんでいる方が多いようです。

セカンドライフ内で、土地を購入したり、お金を稼いだりするのって結構楽しくもあり重要な事だったりもします。

土地を所有する場合、通常は、メインランドで購入する方法が一般的です。

プライベートランドで貸し出されている土地がありますので、それをレンタルする方法。

大きくわけてこの2種類になると思われます。

セカンドライフ内においてレンタルと購入の違いは、レンタルの場合は、土地の所有者に対して支払いを行います。

購入する場合はリンデンラボにアカウントの支払いを行う必要があ生じます。

結局、レンタルにしても購入にしても料金が発生することになります。
posted by セカンドライフ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮想世界

仮想空間での人生ゲーム

ロンドン英ロイヤル・リバプール・フィルハーモニックは、セカンドライフ内で演奏会を開催することが明らかになったということです。

プロのオーケストラが、仮想空間内で演奏会を行うなんてことはいままででしたら考えられないことですし、初めての試みだということです。

また、セカンドライフはまさしく人生そのものともいえるゲームという見方もあります。

オーケストラにとってもセカンドライフ内での演奏雄が聴衆を広げることにもつながりますので、より音楽やオーケストラを身近なものにしたいという考えがあるようです。

実際の演奏会と同じようなやり取りや買い物も可能なようです。

終了後、指揮者との質疑応答の場が与えられるということです。

この演奏会では指揮者が、ワシリーペトレンコ、予定演奏曲は現代作曲家の作品やラフマニノフ、ラベルなどが予定されているようです。

演奏会には入場資格がありますので注意が必要です。

資格者はオーケストラサイトから登録抽選で選ばれた人になり入場料は無料となります。

こういったイベントをきっかけにクラシックに興味を持つ人が増えそうですね。

セカンドライフではこのように、よりゲーム性が高まるし楽しめると思います。

なぜなら現実の世界と空想の世界は混じっていますから。

現実の世界だけではなかなか実現できないようなこともバーチャルの空間においては可能になるかもしれません。

セカンドライフを実際の人生のシュミレーションにしてみるといった考え方も良いのかもしれません。

セカンドライフでたくさん人生ゲームが楽しめるようになるでしょう。

セカンドライフという実際はない空想の世界で人生ゲームを徹底的に攻略してみるのも面白いかもしれないですね。
posted by セカンドライフ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | セカンドライフのゲーム

日本企業が続々進出中

セカンドライフはビジネスとしての、これから大きな発展が期待できる市場として、日本企業の中でもセカンドライフに進出する企業がどんどん出てきています。

日本企業はセカンドライフに続々と進出し、仮想社会と現実社会の架け橋として市場における相乗効果を狙いセカンドライフ進出への動きが活発になっているようです。

携帯サイト運営会社のモバイルファクトリーアパレル企業のパルコシティとの共同CMは特に印象深かったという方も多いのではないでしょうか。

このコマーシャルの中では仮想社会と現社会の映像をCMとして放映する事によって、「これは何?」とそれを観た人々に斬新さを植えつける働きを狙っていたようです。

実際のパルコの店舗内に貼られているポスターが仮想世界の店舗にも貼ってあったりするそうです。

その広告効果は抜群のようなのです。

仮想世界でも広告を出す事で現実社会における知名度アップにも一役買っているということになりますね。

セカンドライフ内での少し興味深い話として、パルコが水着を無料で配ってみたところ、仮想世界の住人のうち何千という人がその水着を着て帰ったということです。

格安プランでおなじみの旅行業界のエイチ・アイ・エス社なども出店しているそうです。

旅行業界のエイチ・アイ・エス社などもセカンドライフ内に旅行名所を出現させたりして実際の商品のPRを行っているとの事です。

仮想社会での反応が実際の反応ともおそらく似ているため、仮想社会をマーケティングに利用しようという考えもあるのかもしれません。

セカンドライフで成功する事で将来、商品化されたりする事も十分考えられますからね。
posted by セカンドライフ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語版セカンドライフ

セカンドライフの相場はどうなっているの?

セカンドライフ内において商品の相場を以下に、書いておきたいと思います。

動物系のアバターのバーツはおおよそ500〜1000リンデンドルくらい。

アバターのスキンの場合は1000リンデンドルくらい。

アバター達の洋服服、アクセサリーなどの場合50〜300リンデンドルくらい。

大体、セカンドライフの相場はこのような感じとなっています。

あくまで目安となりますので、かなり変動する事もあります。

アバターにお金をかける事でどうしても感情移入してしまいますし、お金の額も膨らんでいきます。

決まったものに関しては、一度揃えるだけで、お金はかかったりしないのも魅力です。
posted by セカンドライフ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | セカンドライフの通貨

セカンドライフでのリンデンドル

リンデンドルとは、セカンドライフ内で流通している通貨のことです。

リンデンドルで土地や洋服などを購入したり、様々なアトラクションやイベント等に参加しを楽しむ事ができます。

セカンドライフは現社会とまったく同じようなことができてしまうのです。

リンデンドルの相場はおおよそ「1ドル=270リンデンドル=120円」というようになっています。

仮想世界の中にはクリエイター達が無償で無料アイテムなどを置いてくれあたりする事があります。

お金をかけなくても楽しめるのも特徴です。

どうしても欲しいものが出たときだけ、お金をかければいいことですね。
posted by セカンドライフ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | セカンドライフの通貨
Google